トップ

2017年8月20日:8月定例練習会

会長 泥です。

8月20日希望が丘で練習会をしました。
松山さんが報告してくれた時には11名でしたが、3名減って8名での練習会となりました。
2月以来の一桁です。
でも、伴走者さんの方が多くて今回も安全な練習会ができました。

それではまずは組合せです。
2回目ご参加のTさんと前田さん
穂本さんと泰磨先生
橋本さんと泥
前田さんのお孫さんは単独で
うえちゃんはトラックで1500などの練習をしている藤井さんの伴走に行かれました。

みんな給水をしてから走り出しました。
いい天気です。
いつもより子供さんが少なかったような気がします。
そろそろ夏休みの宿題に追われているのかもしれません。
暑いんですけど、日陰がありましたし、風はわりと涼しくて「溶けそうな」というような感じではありませんでした。
7月の方がずっときつかったです。
やっぱり秋になってきてるんですね。
「これは2往復ともうちょっと走れるなあ」と思って走り出したぼくでしたが、1往復の終わり頃から足の親指の付け根がひりひりしてきました。
摩擦で皮がむけそうになっていたんです。
筋肉でも関節でもなく皮です。走ってないと皮膚も薄くなりますね。
中央道はあきらめ、絆創膏を貼って芝生を走りました。
約1時間走り、少し休んで今度はTさんも一緒に約30分走りました。
距離はわかりませんが、2往復よりは間違いなく長いと思います。
地面からの衝撃は柔らかくても足の筋肉は十分疲れました。
泰磨先生も前田さんもしっかりと練習されたようでした。
やっぱり涼しい風のおかげですかね。

帰りは穂本さんにお世話になり、野洲駅まで送っていただきました。
バスを降りてからが不安だったんですが、ちゃんとエスカレーターに乗せてもらいました。
皆勤が続く穂本さん、ありがとうございました。

皆さんもご参加ありがとうございました。

9月は連休の真ん中、17日です。
さあ、どれだけ走りやすくなってるでしょうか。